不動産鑑定用語集

HOME > 不動産鑑定用語集 > (さ行)

不動産鑑定用語集 (さ行)

収益分析法

しゅうえきぶんせきほう

収益分析法は、積算法、賃貸事例比較法と並んで、新規の賃料を求める場合に適用される手法である(この手法による試算賃料を収益賃料という)。基本的に、企業経営に基づく収益(注.不動産賃貸経営事業に基づくもの...

積算法

せきさんほう

不動産の賃料(正常賃料)を求める鑑定評価の手法の一つである。求められた賃料を積算賃料という。 価格時点での対象不動産の基礎価格(原価法及び取引事例比較法により求める)に期待利回りを乗じて得た額に...

スライド法

すらいどほう

継続賃料を求める鑑定評価の手法の一つである。 現行賃料を定めた時点における純賃料に、変動率を乗じて得た額に価格時点における必要諸経費等を加算して試算賃料を求める。 この場合の変動率は、土地...

差額配分法

さがくはいぶんほう

継続賃料を求める手法の一種である。対象となる不動産の経済価値に即した適正な実質賃料または支払賃料と実際実質賃料または実際支払賃料との間に発生している差額を勘案して、試算賃料を求める手法である。契約の内...

支払賃料

しはらいちんりょう

支払賃料とは、各支払時期に支払われる賃料をいい、契約に当たって、権利金、敷金、保証金等の一時金が授受される場合においては、当該一時金の運用益及び償却額と併せて実質賃料を構成するものである。 実質賃料...

実質賃料

じっしつちんりょう

実質賃料とは、賃料の種類の如何を問わず貸主に支払われる賃料の算定の期間に対応する適正なすべての経済的対価をいい、純賃料及び不動産の賃貸借等を継続するために通常必要とされる諸経費等(必要諸経費等)から成...

正常賃料

せいじょうちんりょう

正常賃料とは新たな賃貸借等の契約において成立するであろう経済価値を表示する適正な賃料(新規賃料)のことである。...

更地

さらち

建物等の定着物がなく、かつ使用収益を制約する権利の付着していない宅地。...

自用の建物及びその敷地

じようのたてものおよびそのしきち

同一所有者に属する建物及びその敷地で、その所有者による使用収益を制約する権利(借家権等)の付着していないもの。 〈例えば〉本人所有の自宅など...

正常価格

せいじょうかかく

市場性(取引の対象となる)のある不動産について売手、買手のどちらにも片寄らない適正な価格。...