HOME > ホームインスペクション(住宅診断)

ホームインスペクション(住宅診断)

中古住宅を売買する前に住宅の健康診断を受けてみませんか?

ホームインスペクション(住宅診断)とは

ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者的な立場から、また専門家の見地から、売買の対象となる住宅について、基礎・外壁等の住宅の部位に生じているひび割れ、欠損といった劣化事象及び不具合事象(劣化事象等)の状況を、目視を中心とした非破壊調査により把握し、その調査・検査報告を依頼主に対し報告する専門業務です。

住宅の購入前や、ご自宅の売り出し前にホームインスペクションを行うことで、建物のコンディションを把握し、安心して取引を行うことができます。居住中のご自宅について調べる事もあります。また、不動産仲介業者が物件の状況を消費者にするために利用するケースも増えています。

ホームインスペクションの位置づけ

住宅の診断は、多岐にわたります。雨漏りの根本原因を探ったり、特定の部材の劣化進度を調べたり、「耐震診断」したりすることも含まれるでしょう。ただし、それは消費者(診断の依頼者)が何を目的としているかによって、異なってくるものです。

弊社が「ホームインスペクション」と呼んでいるのは、消費者が主に中古住宅を売買する前に、主に目視で住宅のコンディションを把握して報告する、という業務です。比較的短時間で、可能な範囲で行う「一次診断」です。 これは病院にと例えるなら、「健康診断」のレベルといってよいでしょう。

健康診断を受けた人は、診断結果についてまず、医師からの説明を受けるでしょう。治療を必要とするほどではないものの経過観察が必要、ということもあれば、精密検査が必要だと勧められることもあります。そして二次診断として精密検査を実施することになった人は、専門的な検査器具を用い、その分野の専門医療を行っている総合病院などで診てもらうことになります。

ホームインスペクションは、この最初の「一次診断」に相当します。外壁や基礎に不具合の兆候は見られないか、室内に雨漏りの形跡はないかなどを目視で確認し、建物のコンディションを診断依頼者に説明します。また、ホームインスペクションでは分からない項目で懸念があるものは、二次診断の可能性を診断依頼者に説明します。


ホームインスペクション(住宅診断)の流れ

料金一覧

基本コース(簡易報告書付) ご相談ください
オプション
【屋根裏】詳細調査
※キャンセル料金はかかりません
ご相談ください
【床下】詳細調査
※キャンセル料金はかかりません
ご相談ください

※ 消費税は、調査日時点の消費税率に基づいてご精算とさせていただきます。
※ 大分県以外の地域の場合、別途交通費・出張費がかかります。
※ 以下の場合は、別途お見積もりとさせていただきます。
  『建設中』・『延床面積125㎡以上』・『地上・地下合わせ3階超』・『2世帯住宅や全部・一部賃貸住宅』・
  『店舗併用住宅』・『特定のトラブルがある』・『その他 特殊案件』

キャンセル料の規定

ご利用のサービス料金のうち、調査などの予定日から起算して、下記の割合でキャンセル料が発生します。
あらかじめご了承下さるようお願い申し上げます。
5日前 ご利用料金の30%
前日  ご利用料金の40%
当日  ご利用料金の100%

検査時間

基本コースで3時間程度です。
【屋根裏】詳細調査(オプション)でプラス30分〜1時間、【床下】詳細調査(オプション)でプラス1時間が目安です。

基本コース調査時間 3時間程度
基本コース+【 屋根裏 】詳細調査 3〜4時間程度
基本コース+【 床下 】詳細調査 3〜4時間程度
基本コース+【 屋根裏 】【 床下 】詳細調査 3.5〜5時間程度

※ 建物の状況により時間は前後することがございます。
※ 時間は目安です。余裕をもって調査にお立ち会いくださいませ。
※ 調査中は席を外していただくこともできます。
※ ご都合により時間を短縮させたい場合は人員を増やすこともできますので(有料)、お問い合わせください。

お申込み

097-535-2103 FAX用紙はコチラ

メールフォームからのお問い合わせはコチラ

Fill out my online form.

pegetop

© 2013 Nagashima Real Estate Appraisal Office Co. Ltd