スタッフブログ

HOME > スタッフブログ

2015年8月31日 映画ブログ(3)チャイルド44―森に消えた子供たち―

舞台は戦後の1953年、スターリン政権下のソ連。 社会主義国家であり、理想国家である『この世の楽園』では犯罪など起こり得ない。どんなに明白な殺人事件も事故として隠蔽される。 だから...

続きを読む

2015年7月29日 変なホテル

7月17日にオープンしたばかりのハウステンボスの「変なホテル」。   名称だけでも興味を引くこのホテルは、先進技術を導入し、メインスタッフをロボットにしたホテル。 &nbs...

続きを読む

2015年3月11日 ランチの時間

『プノンペンラーメンお願いします。』   日田で仕事があると結構な割合で注文しています。味の主役はセロリとトマト。さらにチンゲン菜やイカ・豚などの具材がたくさん。辛い物好...

続きを読む

2015年3月9日 湯平温泉の隠れたグルメ

少し時間が経ってしまいましたが、グルメネタとしてご報告 先月、弊社の会長・社長をはじめ、両会社の部長や中堅が全員8人ほど集まりまして、会議を行いました 場所は、由布市湯平温泉街の入口当たり...

続きを読む

2015年3月4日 豊後大友氏について(24)-高橋鑑種の謀反②

高橋鑑種(あきたね)は毛利と結び、1667年に大友家に謀反を起こしますが、その原因は様々語られています。 ・1561年の第四次門司城の戦いに敗れた大友宗麟(そうりん)は、毛利を討つべく、鑑種にそ...

続きを読む

2015年2月28日 豊後大友氏について(23)-高橋鑑種の謀反①

高橋家も秋月家と同じく、漢王室を起源とする帰化民族の末裔といわれる大蔵氏の出で、伝統的に「種」の文字が名前に含まれています。高橋家は元々筑後の三原(御原とも書く)郡高橋(現在の福岡県小郡市)に本拠地を...

続きを読む

2015年2月25日 豊後大友氏について(22)-毛利氏との戦い④:宗麟の外交戦

武力で毛利から門司城を奪えなかった宗麟は、得意の外交戦にでて、将軍家に毛利との仲裁を頼み挽回をはかります。それと同時に山陰の尼子氏と同盟を結び、背後から毛利をつく作戦に出ました。 このままでは、...

続きを読む

2015年2月21日 豊後大友氏について(21)-毛利氏との戦い③:門司城の戦い 第三

秋月文種(あきづきふみたね)と、筑紫惟門(ちくしこれかど)が大友に降伏した翌年の1558年、九州進出を執拗に狙う毛利元就(もうりもとなり)は三男小早川隆景(こばやかわたかかげ)に怒留湯主水(ぬるゆもん...

続きを読む

2015年2月17日 豊後大友氏について(20)-秋月文種の最期

秋月文種(あきづきふみたね)の家臣に小野九郎衛門(くろうえもん)というものがいました。その従弟で戸次鑑連(べっきあきつら、立花道雪)の家臣であった小野和泉(いずみ、鎮幸)は、「大友の兵を古処山城(こし...

続きを読む

2015年2月14日 豊後大友氏について(19)-秋月氏について

秋月氏は原田氏、高橋氏とともに大蔵氏三豪族といわれ、原田、高橋と同じく伝統的に「種」の文字が名に使われています。大蔵氏とは、大友、少弐、島津の九州三人衆が九州に入ってくる以前より北部九州に根をはる一族...

続きを読む